メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

八戸学院光星9-0誉 八戸光星、投打に圧倒

【八戸学院光星-誉】一回表八戸学院光星2死満塁、下山が左中間満塁本塁打を放つ=森園道子撮影

第1日(6日・阪神甲子園球場)

 八戸学院光星が投打に圧倒した。一回に下山の左中間満塁本塁打で4点を先取。四回は武岡の右前適時打、六回は武岡の中越え適時三塁打と近藤の右犠飛で効率よく追加点を奪った。投げては後藤、山田の両右腕のリレーで零封した。誉は一回に3四死球を与えた先発左腕の杉本の制球難が響いた。打線も決定打を欠いた。

この記事は有料記事です。

残り844文字(全文1005文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  3. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  4. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  5. 釜石で外国人観戦客が民泊 交流に笑顔

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです