メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

津田学園「気持ち高まってきた」静岡「思い切りよく」 対戦前に両監督が抱負

健闘を誓い合う津田学園・佐川竜朗監督(左)と静岡・栗林俊輔監督(右)=兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で、朝比奈由佳撮影

 夏の甲子園は大会第2日の7日、第2試合(午前10時半開始予定)で三重代表の津田学園と静岡代表の静岡が対戦する。津田学園の佐川竜朗監督と静岡の栗林俊輔監督に、互いのチームの印象や、試合への意気込みなどを聞いた。【朝比奈由佳】

 ――相手チームのイメージは。

 佐川監督 静岡は、春の東海大会の時はけがをしている選手がいて本調子ではなかったと聞いた。そこから夏に合わせてきていると思うので、その勢いを恐れている。

 栗林監督 津田学園は東海大会の優勝校なので、力のあるチームだという印象だ。

この記事は有料記事です。

残り570文字(全文811文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  4. 「幸楽苑」150店舗を当面休業 台風19号が福島・郡山の工場に影響

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです