メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

粘った秋田中央 惜敗も大きな拍手 /秋田

惜敗し、肩を落として甲子園を去る秋田中央の選手たち=阪神甲子園球場で、森園道子撮影

 第101回全国高校野球選手権大会で、秋田代表の秋田中央は7日、第4試合で立命館宇治(京都)と対戦し、0-1で惜敗した。序盤から毎回のように相手の先頭打者に出塁を許す苦しい展開となったが、秋田中央は懸命の守備で持ちこたえ六回までは両チームともにスコアボードには0が並ぶ展開。七回裏に失策などが絡んで決勝点の1点を失ったが、九回表にも一打同点の好機を作るなど、持ち味の粘りの野球を甲子園でみせた選手たちにアルプススタンドからは大きな拍手が送られた。【下河辺果歩、小宅洋介】

 先発のマウンドはエースの松平涼平投手(3年)だった。ピンチでもほとんど表情が変わらない、ポーカーフ…

この記事は有料記事です。

残り1443文字(全文1728文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  2. 青森・八戸で女児が見知らぬ男に首切られる 防犯カメラに男の姿

  3. ORICON NEWS アニメ『映画 すみっコぐらし』邦画1位の異色ヒット 不意打ちで大人が「号泣」

  4. 10年前の強姦容疑で男逮捕 海外渡航で時効2カ月延び 神奈川県警

  5. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです