メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

監督に聞く 花咲徳栄と明石商、第6日第4試合で対決 /埼玉

初戦を前に握手する花咲徳栄の岩井隆監督(右)と明石商の狭間善徳監督=阪神甲子園球場で

 第101回全国高校野球選手権大会で花咲徳栄は大会第6日(11日)、第4試合(午後3時半開始予定)の2回戦で、今春センバツ4強の明石商(兵庫)と対戦する。花咲徳栄の岩井隆監督(49)と明石商の狭間(はざま)善徳監督(55)に相手の印象や意気込みを聞いた。【平本絢子、韓光勲】

 --相手校の印象は。

 岩井監督 投手を中心に、しっかりしたチームだ。緻密で粘り強く、甲子園の戦い方を熟知している。

 狭間監督 甲子園常連校で、日本一も経験した。監督は経験値が高く、冷静だ。打線は上位・下位とも高い打率を残している。

この記事は有料記事です。

残り453文字(全文706文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NYの看護師が死亡 防護服不足でごみ袋着用 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. 増える経路不明「ぎりぎりの状況」 東京では感染者の半数以上 新型コロナ

  4. 飼い主から猫に新型コロナ感染 ベルギー 香港では犬の感染例

  5. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです