メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱戦を終えて~監督・主将コメント

継投駆使して初戦突破 明徳義塾・馬淵監督「失点して代えるのは誰でもできる」

【明徳義塾-藤蔭】明徳義塾の2番手で登板した山田=阪神甲子園球場で2019年8月8日、山崎一輝撮影

 夏の甲子園は大会第3日の8日、第2試合で明徳義塾(高知)が6-4で藤蔭(大分)を降した。明徳義塾の馬淵史郎監督は「失点してから代えるのは誰でもできる。勝っている時に代えてうまく切り抜けるというのはなかなか難しい」と明かした。【玉井滉大】

 苦しい試合だった。林田の縦の変化球が有効だと思って先発起用した。六回は表の攻撃で林田が走者で長くグラウンドに出ていたので心配していたが、球が甘くなりそのイニングで点を取られてしまった。(リリーフした)山田がよく流れを切ってくれた。継投は最初から考えており、いつ代えるかのタイミングだけだった。

 (継投では)失点してから代えるのは誰でもできる。勝っている時に代えてうまく切り抜けるというのはなかなか難しい。それでもやっぱり継投は早めの方が良く、最近はそうしている。そのために練習試合から複数の投手に投げさせている。サードの正本も難しい当たりを二つほどさばいてくれたので、あのあたりが得点の差になったのかな。

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文671文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国内の感染者、4万人超える 東京で新たに258人 大都市中心に拡大続く

  2. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

  3. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  4. 時の在りか 「もう菅政権になっている」=伊藤智永

  5. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです