メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

第4日 鳴門、3年ぶり勝利

一回表鳴門2死満塁、藤中が左越え3点二塁打を放つ=阪神甲子園球場で9日、山崎一輝撮影場で2019年8月9日、山崎一輝撮影

 第101回全国高校野球選手権大会第4日の9日は兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で1回戦4試合。第1試合は、2年連続出場の鳴門(徳島)が同じく2年連続出場の花巻東(岩手)を降し、3年ぶりの勝利を挙げた。第2試合は春夏通じ初出場の飯山(長野)と3年連続出場の仙台育英(宮城)の顔合わせ。第3試合は今春のセンバツ準優勝の習志野(千葉)と5年ぶり出場の沖縄尚学が激突。第4試合は23年ぶり出場の高松商(香川)と3年ぶり出場の鶴岡東(山形)が対戦する。

この記事は有料記事です。

残り370文字(全文590文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. 新型コロナ変異株、東京の40代男性が感染 10代未満女児の濃厚接触者

  3. イオン、就業時間中は全面禁煙に 従業員45万人対象 「卒煙」支援も

  4. ORICON NEWS ジャングルポケット・斉藤慎二、新型コロナ感染 相方おたけ&太田博久は陰性

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです