メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

監督対談 明石商と花咲徳栄、11日に対戦 /兵庫

初戦を前に握手する明石商の狭間善徳監督(左)と花咲徳栄の岩井隆監督=阪神甲子園球場で、韓光勲撮影

 第101回全国高校野球選手権大会で、明石商は大会第6日第4試合(11日午後3時半開始予定)の2回戦で花咲徳栄(埼玉)と対戦する。明石商の狭間善徳監督(55)と、花咲徳栄の岩井隆監督(49)に相手の印象や意気込みを聞いた。【韓光勲、平本絢子】

最善を尽くし「必死に」 明石商・狭間監督/流れつかみ「出し切る」 花咲徳栄・岩井監督

 --相手の印象は

 狭間監督 甲子園常連校で、日本一も経験した。監督は経験値が高く、冷静だ。打線は上位下位とも、高い打率を残している。

この記事は有料記事です。

残り486文字(全文716文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  2. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  3. 名古屋高速の事務員が感染判明、料金所5カ所閉鎖 新型肺炎

  4. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

  5. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです