メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
熱戦を終えて~監督・主将コメント

九回に追いつき、延長戦を制した習志野・小林監督「選手たちは最後まで食らいついて粘りの野球をしてくれた」

【習志野-沖縄尚学】最後の打者を打ち取り、拳を突き出す習志野の飯塚=阪神甲子園球場で2019年8月9日、小松雄介撮影

 夏の甲子園は大会第4日の9日、第3試合で、センバツ準Vの習志野(千葉)が、沖縄尚学(沖縄)を延長十回、5-4で破った。習志野の小林徹監督は「本当に紙一重の戦いだった。沖縄尚学が最後までいい野球をしていた。最後の最後に少しだけ運があったのかもしれない」と接戦を振り返った。【栗栖由喜】

最後の最後に少しだけ運があったのかもしれない

 勝ってほっとしている。選手たちはよく頑張ってくれた。沖縄尚学は勢いがあり、基礎がしっかりした力のあるチーム。簡単にはいかないと思っていた。選手たちは最後まで食らいついて粘りの野球をしてくれた。

 飯塚投手は気持ちで投げるタイプ。「気持ちで負けないように。攻撃の流れをつくっていこう」と話していた。(連続三振については)その通りやってくれた。

 1点を追う九回の攻撃の前、「何度か同じような状況を経験してきたよね。今までも粘ってみんなで(打線を)つないできた。諦めずにもう一度同じようにやっていこう」と声を掛けて送り出した。本当に紙一重の戦いだった。沖縄尚学が最後までいい野球をしていた。最後の最後に少しだけ運があったのかもしれない。

 こうした大きな舞台で試合をさせていただくことは選手たちの成長にプラスになると思うし、大きな財産。この財産を生かして次もいいゲームをしたいと思う。

広告
毎日新聞のアカウント

8月20日の試合

話題の記事

関連サイト