メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

2回戦 広島商、あと一歩届かず 健闘にスタンド拍手 /広島

岡山学芸館に惜敗し、応援団へあいさつに向かう広島商の選手たち=阪神甲子園球場で、山崎一輝撮影

 隣県対決は両校監督が予想した通りの接戦となり、広島商が僅差で涙をのんだ。第101回全国高校野球選手権大会(日本高野連、朝日新聞社主催、毎日新聞社後援)第5日の10日、広島商は岡山学芸館との2回戦に5-6で敗退し、15年ぶり23回目の夏の甲子園で初戦突破を果たせなかった。敗れたとはいえ、ダイヤモンドを躍動した選手たちには、スタンドを埋めた大応援団から惜しみない拍手が送られた。【柴山雄太、高橋由衣、松室花実、山田豊】

 胸に「HIROSHO」と入る伝統のユニホームが聖地に帰ってきた。五回表には山路祥都選手(3年)の本…

この記事は有料記事です。

残り796文字(全文1055文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです