メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

春は最後の打者だった筑陽学園・石川 好球必打で起死回生の同点三塁打

【作新学院-筑陽学園】九回裏筑陽学園2死一、二塁、石川が右越え2点三塁打を放つ=阪神甲子園球場で2019年8月11日、玉城達郎撮影

○作新学院5―3筑陽学園●=11日・甲子園(2回戦)

 筑陽学園の8番・石川が今春のセンバツの反省を生かした。2点を追う九回2死一、二塁。カウント1―1からの内角スライダーを引っ張り、右越え三塁打で試合を振り出しに戻した。センバツでは東邦(愛知)との準々決勝で最後の打者になった。「弱気になりバットが出なかった」と思い出し、好球必打を心掛けた。「直球狙いの分だけ体の開きが早くなり、スタンドまで届かなかった。九回で決めていれば」と悔しそうだった。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  4. 「桜を見る会」名簿 廃棄は国会の追及直前だった 内閣府は「例年と同じ」

  5. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです