メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

明徳義塾×智弁和歌山、あす対戦 監督に聞く /高知

2回戦に向けて意気込みを語る(左)明徳義塾の馬淵史郎監督=大阪府吹田市のホテルで、砂押健太撮影、(右)智弁和歌山の中谷仁監督=兵庫県西宮市で、遠藤龍撮影

 第101回全国高校野球選手権大会に出場している明徳義塾は13日、大会第8日第3試合(2回戦)で智弁和歌山(和歌山)と対戦する。対戦を前に、明徳義塾の馬淵史郎監督(63)と智弁和歌山の中谷仁監督(40)に相手校の印象や試合への意気込みなどを聞いた。【遠藤龍、砂押健太】

ロースコアな展開を 明徳義塾・馬淵監督

3失点以内で5得点 智弁和歌山・中谷監督

 --相手の印象は。

 馬淵監督 甘いところに行ったら長打力がある。投手は神経を使って投げなければならないだろう。

この記事は有料記事です。

残り539文字(全文768文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  2. 賞品の高級車渡さずMXテレビ謝罪 企画会社と「連絡取れない状況」

  3. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」

  4. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  5. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです