メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

明石商4-3花咲徳栄 「打て」明石商、夏初勝利

【花咲徳栄-明石商】七回裏明石商無死一、三塁、重宮が右前適時打を放つ=阪神甲子園球場で2019年8月11日、山崎一輝撮影

第6日(11日・阪神甲子園球場)

 明石商が接戦を制した。1点を追う五回、水上の中越え2ランで逆転。追いつかれた直後の六回は河野の適時打で勝ち越し、再び同点の七回には重宮の右前適時打で決勝点を奪った。右腕の中森は効果的に変化球を織り交ぜて3失点完投。花咲徳栄は七回に菅原のソロで追いついたが、2番手左腕・高森が踏ん張れなかった。

この記事は有料記事です。

残り1108文字(全文1271文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです