メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宇和島東・兵頭 今夏のチーム公式戦初本塁打

【宇部鴻城-宇和島東】五回裏宇和島東無死、兵頭が左中間に本塁打を放つ=阪神甲子園球場で2019年8月12日、森園道子撮影

 宇和島東の7番・兵頭が今夏のチーム公式戦初本塁打をマークした。4点を追う五回、直球を左中間席へ運んだ。身長169センチだが長打力に自信があり、春までは4番を担った。腰のけがで調子を崩したが、自宅で野球好きの祖父に素振りを見てもらって復調した。チームの甲子園での本塁打は1993年夏以来26年ぶり。か…

この記事は有料記事です。

残り72文字(全文222文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 連日200人超は第2波か 保健所「手いっぱいだ」 病院「もう少し先か」

  2. サッシャさんも感染 山本裕典さんらの舞台で共演  出演者ら14人感染確認

  3. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  4. 官僚も憤る電通「中抜き」の構図 源流にあの「官邸官僚」と民主党時代の決定

  5. 「香港は“1国1制度”に。とても悲しい」 民主派・周庭さん

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです