メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

父の病死、3時間後の大震災…過酷な3.11乗り越え、甲子園に 果たした父との約束

【海星-聖光学院】ベンチ前で笑顔を見せる聖光学院の赤津翔平記録員=阪神甲子園球場で2019年8月12日、山崎一輝撮影

聖光学院 赤津翔平マネジャー(3年)

 聖光学院(福島)には、斎藤智也監督が「主将と2人でチームをここまで連れてきたと言っても過言ではない」と絶賛する立役者がいる。赤津翔平マネジャー(3年)だ。8年前に父を亡くし、その同じ日に発生した東日本大震災で野球をする環境を奪われ、高校1年の冬にはけがで選手生命を絶たれた。それでも、チームのために尽くせたのは、父が最期に残した言葉があったからだ。「憧れの舞台に来ることができました」。たくましく成長した息子は、甲子園の空を見上げた。

 幼い頃からキャッチボールをしてくれた父幸夫さん(享年59)が肝臓がんで亡くなったのは、2011年3…

この記事は有料記事です。

残り874文字(全文1160文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 自民・岸田氏「補正予算案 1兆円超す規模」 台風19号

  4. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  5. 菅原経産相の金品配布疑惑 選挙区の有権者複数が「メロンもらった」と証言

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです