メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱戦を終えて~監督・主将コメント

聖光学院・清水主将「甲子園ですぐ負けると言われていることも、自分たちは打破したいと思っていた」

【海星-聖光学院】九回裏聖光学院1死、荒牧が中越え本塁打を放つ=阪神甲子園球場で2019年8月12日、玉城達郎撮影

 夏の甲子園は大会第7日の12日、第2試合で、13年連続出場の聖光学院(福島)が、2-3で海星(長崎)に敗れた。2年連続初戦敗退となった聖光学院の清水正義主将は「聖光学院が甲子園ですぐ負けると言われていることも、自分たちは打破したいと思っていた。それが今年もできなかったことは後輩に託すしかないと考えている」と敗戦を振り返った。清水主将の主な談話は次の通り。【砂押健太】

 力が無いなりにここまで勝ち上がってきた事実は、自分たちに自信としてこれからの財産になる。甲子園で負けてしまったのは仕方がない。2年連続初…

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文637文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

  2. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  3. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  4. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

  5. 緊急事態宣言「非常に切迫」 西村経済再生相、東京の118人感染判明受け

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです