メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱戦を終えて~監督・主将コメント

聖光学院・清水主将「甲子園ですぐ負けると言われていることも、自分たちは打破したいと思っていた」

【海星-聖光学院】九回裏聖光学院1死、荒牧が中越え本塁打を放つ=阪神甲子園球場で2019年8月12日、玉城達郎撮影

 夏の甲子園は大会第7日の12日、第2試合で、13年連続出場の聖光学院(福島)が、2-3で海星(長崎)に敗れた。2年連続初戦敗退となった聖光学院の清水正義主将は「聖光学院が甲子園ですぐ負けると言われていることも、自分たちは打破したいと思っていた。それが今年もできなかったことは後輩に託すしかないと考えている」と敗戦を振り返った。清水主将の主な談話は次の通り。【砂押健太】

この記事は有料記事です。

残り452文字(全文637文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  2. 常勝ホークス作った王さん 「俺は本当に悔しい」深夜の激白から19年目の雪辱

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです