メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

両監督が語る「強豪対決」カギ握るのは智弁和歌山・黒川、明徳義塾・奥野

「強豪対決」のカギを握る明徳義塾・奥野(上)と智弁和歌山・黒川

13日第3試合 智弁和歌山―明徳義塾(午後1時開始予定)

 夏の甲子園は大会第7日の13日、第3試合で智弁和歌山(和歌山)と明徳義塾(高知)が対戦する。両チーム共に、春夏合わせて30回以上の甲子園出場を誇る強豪で、1回戦では、智弁和歌山は米子東を、明徳義塾は藤蔭を破った。対戦を前に、明徳義塾の馬淵史郎監督(63)と智弁和歌山の中谷仁監督(40)に相手校の印象や試合への意気込みなどを聞いた。【遠藤龍、砂押健太】

この記事は有料記事です。

残り893文字(全文1098文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2番組が広告放送の疑い BPO審議入り

  2. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  3. 脇につるす拳銃ホルスター型かばん 目の不自由な男性発案、刑事ドラマをヒントに

  4. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  5. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです