メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
号外韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

星稜・奥川が好救援、4投手リレーで逃げ切る 立命館宇治は反撃届かず

【星稜-立命館宇治】試合途中から登板した星稜の奥川=阪神甲子園球場で2019年8月13日、森園道子撮影

○星稜6ー3立命館宇治●=13日・甲子園(2回戦)

 星稜が4投手の継投で逃げ切った。二回に東海林の中前適時打で先制し、六回に福本、岡田の連続適時長短打で5点差に。先発・荻原が5回無失点に抑え、2番手・寺西は六回途中に3失点で降板したが、奥川が好救援した。

 立命館宇治は先発・高木の制球が不安定。六回に荒井以下の3連続適時打で反撃したが、失点が多すぎた。

 星稜・林和成監督 継投は予定通りで、奥川は投げさせるつもりだった。勝ち上がると日程が厳しくなるので、4投手が登板できたのは大きい。

 立命館宇治・里井祥吾監督 六回は下位までよくつないだ。奥川君は直球の速さ、制球とも評判通り。先行したかったが、高木の制球が悪く、追う展開になった。

広告
毎日新聞のアカウント

8月22日の試合

話題の記事

関連サイト