メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱戦を終えて~監督・主将コメント

立命館宇治・里井監督「奥川は完成度高かった」 タイムリー放った今野を称賛

【星稜-立命館宇治】六回裏立命館宇治2死一、二塁、今野が星稜の奥川から適時打を放つ=阪神甲子園球場で2019年8月13日、幾島健太郎撮影

 第101回全国高校野球選手権大会は大会第8日の13日、第2試合で星稜(石川)が6-3で立命館宇治(京都)を降した。立命館宇治の里井祥吾監督は、「試合を優位に進めたかったが、奥川恭伸投手が出てくると厳しかった」と、六回の場面を振り返った。里井監督の主な談話は次の通り。【韓光勲】

今野は狙い球をよく打ってくれた

 敗因は集中打を浴びたこと。先頭打者を出…

この記事は有料記事です。

残り227文字(全文402文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  3. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

  5. 全国最大規模のアリーナ、大阪府が整備へ 万博前の開業目指す

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです