メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
熱戦を終えて~監督・主将コメント

立命館宇治・里井監督「奥川は完成度高かった」 タイムリー放った今野を称賛

【星稜-立命館宇治】六回裏立命館宇治2死一、二塁、今野が星稜の奥川から適時打を放つ=阪神甲子園球場で2019年8月13日、幾島健太郎撮影

 第101回全国高校野球選手権大会は大会第8日の13日、第2試合で星稜(石川)が6-3で立命館宇治(京都)を降した。立命館宇治の里井祥吾監督は、「試合を優位に進めたかったが、奥川恭伸投手が出てくると厳しかった」と、六回の場面を振り返った。里井監督の主な談話は次の通り。【韓光勲】

今野は狙い球をよく打ってくれた

 敗因は集中打を浴びたこと。先頭打者を出す場面も多かった。高木要投手は序盤から制球があまり定まらず、初戦と比べて球の精度も良くなかった。その状態でも辛抱して、九回までよく投げきってくれた。

 試合を優位に進めたかったが、3点差に迫った六回2死の場面で奥川恭伸投手が出てくると厳しかった。奥川投手は完成度が高かったが、7番の今野優斗選手が狙い球の直球を左前によく打ってくれた。奥川投手の直球狙いを徹底して練習してきた成果が出た。

 2年生が多く出場した。彼らには来年につながる経験になったと思う。

広告
毎日新聞のアカウント

8月22日の試合

話題の記事

関連サイト