メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
熱戦を終えて~監督・主将コメント

明徳義塾・馬淵監督、早めの継投策取らず「あそこまで抑えていたら、ない」

【智弁和歌山-明徳義塾】七回表智弁和歌山1死一、二塁、細川(左)に右中間3点本塁打を打たれ、打球の行方を見る明徳義塾の新地=阪神甲子園球場で2019年8月13日、玉城達郎撮影

 第101回全国高校野球選手権は第8日の13日、第3試合で智弁和歌山(和歌山)が7-1で明徳義塾(高知)を降した。明徳義塾・馬淵史郎監督は、「うちの方が力はないので、守備は完璧でないと勝負にならないが、そういった差がギリギリの場面で出た」と勝敗を分けたポイントを語った。馬淵監督の主な談話は次の通り。【玉井滉大】

新地を評価「全国の高校球児の見本になる」

七回は中前打を好走塁で二塁に進まれ、一塁手の失策、併殺かと思ったらイレギュラーバウンドなどがあり、少し流れがおかしくなった。うちの方が力はないので、守備は完璧でないと勝負にならないが、そういった差がギリギリの場面で出た。

 (先発投手の)新地はのらりくらり打たせて、ビッグイニングさえ作られなければ(いい)と思っていた。六、七回まではなんとかやれるという感じだったが、本塁打を3本打たれたらどうしようもない。いつもの風なら右飛と中飛だと思うが、お互い同じ条件だ。

 七回の守りは、(智弁和歌山の)黒川には厳しいところを攻めて(四球で)満塁でも良いという指示をしていた。打ち気なのでくさい球だったら打ってくれると思い、狙い通り打ってくれたが……。新地に関しては、あそこまで抑えていたら(あの時点で)継投はない。

 勝つなら3-2ぐらいで、最後まで新地で逃げ切るという形で考えていた。五回以降、新地の球のキレが少し落ちたが、それは相手打線の圧力。左打者の内角を前半のように厳しく投げられていれば、いくら良い当たりでもファウルにしかならなかった。

 (新地投手の)128キロぐらいの球をなぜ打てないのかと思うが、コースギリギリに投げられるので、守っている方も守りやすい。球の出所も見にくい。全国の高校球児の見本になる投手。バッテリーはよく頑張ってくれた。

 今年のチームは僕が監督になって一番力がないチーム。投手も140キロを超える投手はいないが、うまくやれば戦える。前半にもう1点ほしかった。(五回に)安田が打って3-0ぐらいにしておけば勝てていた。最後は、3年生の控えの選手が一生懸命手伝ってくれたりしていたので、今日はもう全員出してあげようと思い、前の試合に出た林田と山田以外は全員出した。

広告
毎日新聞のアカウント

8月20日の試合

話題の記事

関連サイト