メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
号外韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

サイクル達成の敦賀気比・杉田 基本に徹し史上6人目の快挙「まさか甲子園で」

【敦賀気比-国学院久我山】二回表敦賀気比1死一、三塁、杉田が左翼線2点二塁打を放つ=阪神甲子園球場で2019年8月13日、久保玲撮影

○敦賀気比19-3国学院久我山●=13日・阪神甲子園球場(第101回全国高校野球選手権大会・2回戦)

 風に乗った打球が右中間席に飛び込むと、敦賀気比の3番・杉田は右手の拳を力強く突き上げた。この日5本目の安打となる2ランでサイクル安打達成。「まさか自分が甲子園でできるとは」と満面の笑みで喜んだ。

【敦賀気比-国学院久我山】三回表敦賀気比2死満塁、杉田が中前に2点適時打を放つ=阪神甲子園球場で2019年8月13日、森園道子撮影

 華々しい快挙は手堅い姿勢から生まれた。一回2死の第1打席。カウント2―2と追い込まれると、「早く振りにいくと変化球に対応できない」と、球を捉えるポイントを自分の近くに置いた。厳しい球はファウルでしのぎ、7球目の低めの変化球を右前打にした。

 チームの5連打の口火を切った一打で、杉田自身も「自分のスイングでライナーを」という基本の大切さを確認した。その後の打席も快打を重ね、サイクル安打の懸かった七回の第5打席。一発を狙ったが、初球で大振りして左飛に倒れた。ここで「自分の役目は後ろにつなぐこと」と改めて意識し、九回に巡ってきた最後の打席で高めの球を見事に仕留めた。

 昨夏の甲子園ではアルプス席で応援。強いと信じていた先輩たちが1回戦で木更津総合(東千葉)に1―10と大敗したのを目の当たりにした。自身が主力を担う今年は「先輩たちの借りを返すために甲子園に来た」。あくまでも基本に徹して、一つずつ着実に勝ち進むつもりだ。【石井朗生】

広告
毎日新聞のアカウント

8月22日の試合

話題の記事

関連サイト