メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

光星、打撃戦制す 九回、歓喜の勝ち越し打 /青森

【八戸学院光星-智弁学園】九回表八戸学院光星2死満塁、沢波の一塁強襲内野安打で生還する島袋(左)と、喜ぶ八戸学院光星の選手たち=阪神甲子園球場で、玉城達郎撮影

 夏の甲子園第7日の12日、八戸学院光星は智弁学園(奈良)と対戦し、10-8で接戦を制した。光星は一回から近藤の本塁打で先制。六回に7点を奪われ一度は逆転を許したが、九回代打の沢波の適時打で2点を返し、勝ち越した。3回戦は、第10日の第4試合(15日午後3時半開始予定)で海星(長崎)と対戦する。【平家勇大、朝比奈由佳】

 約4万3000人とこの日の入場者数が最多を記録した好カード。一回、近藤が左中間越えの本塁打で先制点…

この記事は有料記事です。

残り1485文字(全文1695文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実

  2. 男子中学生が転落死 インフルエンザで療養 広島 /広島

  3. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  4. 都立高部活 顧問教諭の動作で前歯2本折れ 元女子生徒が提訴

  5. 「世界に風穴を開けるのは発達障害」 自身もアスペルガーのカウンセラー「グレタ現象」を語る

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです