メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

光星、打撃戦制す 監督・主将の話 /青森

立ち向かった結果 八戸学院光星・仲井宗基監督

 今日の勝利は、率直にうれしい。序盤は自分たちのペースで野球ができたが、中盤からは完全に打ち合いになってしまった。六回に逆転されたときは「野球の神様は味方についてくれないのか」と悔しい思いをしたが、選手たちは諦めずによく頑張ってくれた。同点で迎えた九回、沢波大和選手(3年)の勝ち越し適…

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文414文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  2. 中村哲さん合同葬「父から学んだことは、思いを大切にすること…」 長男健さんコメント全文

  3. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  4. 菅氏「バックアップデータは行政文書ではない」 桜を見る会名簿

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです