メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

仙台育英・須江監督に聞く 「5点差以内の勝負に」 2回戦突破へ、きょう第1試合で鳴門戦 /宮城

鳴門(徳島)との2回戦に向けて、意気込みを語る仙台育英の須江航監督=大阪府の東大阪大学柏原高校グラウンドで

 夏の甲子園大会9日目の第1試合(14日午前8時開始)で、宮城代表の仙台育英は鳴門(徳島)との2回戦に臨む。鳴門は大会常連の強豪校。選手たちは対戦に向け、大阪府内や兵庫県内のグラウンドで調整を進めている。仙台育英の須江航監督に相手校の印象や意気込みを聞いた。

 --相手校の印象は

 西野(知輝)投手は、的を絞りづらく、どんな球種でもストライクを取れる、非常に良い投手。攻撃では4番の浦(和博)選手の…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文495文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 九州新幹線、運転見合わせ 線路に人、ひかれたか 熊本・新八代駅

  2. 菊之助さん9日公演から復帰 「風の谷のナウシカ」上演中にけが

  3. ORICON NEWS 鈴木愛理、結婚で“同姓同名”の畠山愛理を祝福「なかなかない奇跡が嬉しい!」

  4. 桜を見る会 内閣府「論理破綻」の内幕と説明 名簿廃棄後も復元試みず

  5. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです