メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

2回戦 高岡商、反撃振り切る 安堵と歓喜の観客席 /富山

笑顔でアルプス席の応援団へあいさつに向かう高岡商の選手たち=阪神甲子園球場で、森園道子撮影

 第101回全国高校野球選手権大会(日本高野連など主催)第7日の12日、県代表の高岡商は神村学園(鹿児島)との接戦を4-3で制した。2年連続の2回戦突破で、16強入りを果たした。四回に2点を先取、七、八回にも加点し、試合を優位に進めた。しかし、終盤に相手の反撃を許し、九回に1点差まで追い上げられたが、逃げ切った。3回戦は第11日第1試合(午前8時開始予定)で履正社(大阪)と対戦する。【砂押健太、川畑さおり】

 エース・荒井大地投手(3年)は序盤、直球と変化球のコンビネーションで相手打者に狙いを絞らせない。母…

この記事は有料記事です。

残り1287文字(全文1542文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  2. 神奈川県のHDD流出 逮捕の社員「複数回盗んだ」

  3. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  4. キャベツを食べるウニ 大きくて、おいしくなった 神奈川県水産技術センターで展示

  5. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです