メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外英保守党、総選挙で単独過半数獲得
第101回全国高校野球

2回戦 高岡商、反撃振り切る 安堵と歓喜の観客席 監督・主将の話 /富山

先制が大きい 高岡商・吉田真監督

 (相手の先発の)田中瞬太朗投手は変化球が多彩で左打者に対し徹底して攻めの投球だったが、その中で先制できたのが大きかった。素晴らしい舞台でまた試合ができる。全力で準備をしたい。

粘り強さ学ぶ 高岡商・森田朝陽主将

 最後(九回)は苦しい展開だったが、勝ち切れたのが一番よか…

この記事は有料記事です。

残り59文字(全文209文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  2. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

  3. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  4. 元警部銃撃 工藤会トップら2人に2審も賠償命令 初の高裁判決

  5. 「世界に風穴を開けるのは発達障害」 自身もアスペルガーのカウンセラー「グレタ現象」を語る

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです