メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

津田学園、反撃及ばず 鳴りやまぬ拍手 /三重

 夏の甲子園第8日の13日、2回戦に臨んだ津田学園は、履正社(大阪)に3-7で敗れた。三回までに6点を奪われる苦しい展開だったが、降井隼斗投手(3年)の好投でその後は1失点に抑える一方、3点を挙げて追い上げた。チームとして過去最高となる甲子園で2勝することはかなわなかったが、最後まで笑顔を絶やさずプレーする選手たちに、大きな拍手と声援が送られた。【朝比奈由佳、谷口豪、菅健吾】

 津田学園は初回、先頭の大音壱汰選手(同)が右前打で出塁。2番の渡辺保育選手(同)が送って、1死二塁…

この記事は有料記事です。

残り2194文字(全文2433文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 五輪特需見込む スナック、キャバクラなど会場周辺で容認へ 警視庁検討

  2. ロシア・ザギトワ選手「活動停止」 事実上の引退宣言の可能性 18年平昌五輪“金”

  3. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  4. 2番組が広告放送の疑い BPO審議入り

  5. ザギトワ「大学進学しコーチに」 ロシアTV番組で“引退宣言”

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです