メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

2回戦 立命館宇治、逆転ならず 六回3点、意地見せた /京都

【星稜-立命館宇治】六回裏立命館宇治2死一、二塁、今野の左前打で二塁から荒井が生還=阪神甲子園球場で、幾島健太郎撮影

 夏の甲子園第8日の13日、立命館宇治は2回戦で星稜(石川)と対戦し、3-6で敗れた。5点差を追う六回には3点を返し、逆転勝ちを信じるアルプススタンドからの声援は一層高まった。それでも願いはかなわなかった。試合が終わり、最後まで粘り強く戦ったナインが応援席に向かい一礼すると、惜しみない拍手が送られ、選手たちの健闘をたたえた。【下河辺果歩、韓光勲】

この記事は有料記事です。

残り640文字(全文814文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

  3. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです