メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

2回戦 履正社快勝、大きく成長 監督・主将の話 /大阪

失点抑えられた 履正社・岡田龍生監督

 直球、変化球ともにハイレベルな前投手を事前の分析などでなんとか打ち崩すことができた。清水投手は1回戦では力みがあったが、投げる中で修正してくれ失点を少なく抑えられた。勝利はしたが、バントの失敗など好機を逃した場面が目立った。この点は修正して次戦に臨みたい。

この記事は有料記事です。

残り143文字(全文290文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  2. サッカー、アギーレ元監督に無罪 八百長疑惑で日本代表監督解任

  3. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  4. 「話がしたかった」新幹線車掌、同僚女性をグリーン車に無賃乗車させる JR西、2人を処分

  5. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです