メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

2回戦 執念の反撃、智弁あと一歩 /奈良

八戸学院光星に敗れ、応援席へあいさつに向かう智弁学園の選手たち=阪神甲子園球場で、玉城達郎撮影

六回6点差逆転、観客沸く

 第101回全国高校野球選手権大会(日本高野連など主催)第7日の12日、智弁学園は、2年連続出場10回目の八戸学院光星(青森)と2回戦で対戦した。六回表までに6点の大差をつけられたが、六回裏に4番前川右京選手(1年)の適時打などで一挙7点を挙げて逆転。しかし、八回に並ばれ、九回には勝ち越しを許して8-10で敗れた。強敵と大接戦を繰り広げた智弁学園ナインにスタンドから惜しみない拍手が送られた。【小宅洋介】

この記事は有料記事です。

残り1518文字(全文1733文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優の梅宮辰夫さん死去 81歳 「仁義なき戦い」

  2. 75歳以上の医療費負担 2割に引き上げ 政府検討

  3. 梅宮辰夫 「やすらぎの刻」で石坂浩二の亡き父役 倉本聰作品に12年ぶり出演

  4. 「桜を見る会」で首相擁護 お膝元の下関市長に全国から批判続々

  5. 日韓 日韓 感情的な連鎖断ち切る「蒸し返し」はダメ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです