メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

2回戦 執念の反撃、智弁あと一歩 監督・主将の話 /奈良

主将の力褒めたい 智弁学園・小坂将商監督

 前半、自分たちの野球ができなかった。相手校の打線が素晴らしかった。両チームとも最後まで諦めずにやった良い試合だった。秋の県大会でコールド負けをしたチームをここまで上げたのは坂下(主将)の力。褒めてあげたい。

後輩また甲子園に 智弁学園・坂下翔馬主将

 点差を広げられたが、諦めないのが小坂監…

この記事は有料記事です。

残り61文字(全文225文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  2. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

  3. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  4. 元警部銃撃 工藤会トップら2人に2審も賠償命令 初の高裁判決

  5. 「世界に風穴を開けるのは発達障害」 自身もアスペルガーのカウンセラー「グレタ現象」を語る

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです