メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

2回戦 猛打の智弁和歌山、本領 七回3発、スタンド感動 /和歌山

【智弁和歌山-明徳義塾】七回表智弁和歌山1死一、二塁、3点本塁打を放った細川(左)を出迎える智弁和歌山の選手たち=阪神甲子園球場で、幾島健太郎撮影

 第101回全国高校野球選手権大会(日本高野連など主催)第8日の13日、県代表の智弁和歌山は2回戦で明徳義塾(高知)と対戦し、7-1で快勝した。8年ぶりに3回戦に進出し、16強入りを果たした。五回に先制を許したが、七回に3本の本塁打が飛び出し一挙7得点で勝負を決めた。3回戦は第11日の第2試合(午前10時半開始予定)で、星稜(石川)と対戦する。【砂押健太、松室花実】

この記事は有料記事です。

残り1299文字(全文1483文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優の梅宮辰夫さん死去 81歳 「仁義なき戦い」

  2. 75歳以上の医療費負担 2割に引き上げ 政府検討

  3. 日韓 日韓 感情的な連鎖断ち切る「蒸し返し」はダメ

  4. 中村哲さん合同葬「父から学んだことは、思いを大切にすること…」 長男健さんコメント全文

  5. 「桜を見る会」で首相擁護 お膝元の下関市長に全国から批判続々

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです