メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

甲子園 「これが宇部鴻城」声弾む 宇和島東に快勝 監督・主将の話 /山口

採点するなら100点 宇部鴻城・尾崎公彦監督

 採点するなら100点。山口大会決勝から約2週間たったが、調子を整えてくれたと感心している。打線は予選よりも好調だった。河村選手はもちろん、山口大会で一本も打っていない山本雄一郎捕手が甲子園初打席で安打を放った。この一本でチームに勢いと良い意味での安心感が生まれた。岡田投手も九回まで投げ抜いてくれた。「打たせて取る」タイプだが、12奪三振の好投だった。岡田投手の持ち味の度胸が十分に発揮された。甲子園練習の際、守備時にボールが銀傘と重なって…

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文609文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  2. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  3. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

  4. 転落死 男子中学生が転落死 インフルエンザで療養 広島 /広島

  5. 新千歳発の全日空機、引き返す 客室に「白い粉」拡散

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです