メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

甲子園 海星・柴田、抜群の制球力 凡打の山築き、17年ぶり夏1勝 /長崎

初戦を突破し、校歌を歌う海星の選手たち

打線も奮起、好機逃さず得点

 夏の甲子園第7日の12日、初戦を迎えた長崎代表の海星は、福島代表の聖光学院に3-2で競り勝ち、3回戦に進んだ。エースの柴田蓮人投手(3年)は2失点完投と活躍した。海星が夏の甲子園で初戦を突破したのは17年ぶり。次戦は大会第10日第4試合(15日午後3時半開始予定)で八戸学院光星(青森)と対戦する。【安達恒太郎、石井尚】

 出場回数を示す18個の星をあしらった青いポロシャツ姿の応援団が見守る中、海星ナインが接戦を制し、初…

この記事は有料記事です。

残り769文字(全文993文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです