メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

甲子園 神村学園、最後まで粘り 九回2死から2点 3-4で高岡商に惜敗 /鹿児島

【神村学園-高岡商】応援団へのあいさつを終え、引き揚げる神村学園の選手たち

 第101回全国高校野球選手権大会は7日目の12日、神村学園(鹿児島)が2回戦で高岡商(富山)と対戦し、3-4で惜敗した。3点を追う九回2死から内野安打などで2点を返し驚異的な粘りを見せるも、夏の甲子園初の2勝まであと一歩、届かなかった。試合終了とともに泣き崩れる選手もいたが、アルプス席で声をからした保護者や同校の大応援団からは「ありがとう」の声とともに大きな拍手が送られた。【栗栖由喜、松室花実】

この記事は有料記事です。

残り994文字(全文1194文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです