メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

八戸学院光星10-8智弁学園 八戸光星「18番」の一撃

【八戸学院光星-智弁学園】九回表八戸学院光星2死満塁、沢波が一塁強襲内野安打を放つ=玉城達郎撮影

第7日(12日・阪神甲子園球場)

 八戸学院光星が18安打10得点で打ち勝った。1点を追う八回、下山の左翼線適時二塁打で同点。九回は沢波の一塁強襲適時打で2点を勝ち越した。2番手・山田がその裏を抑えた。智弁学園は6点を追う六回、4長短打に4四死球と敵失を絡めて7点を奪って試合をひっくり返したが、3番手の1年生左腕・西村がつかまった。

この記事は有料記事です。

残り500文字(全文666文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  2. コストコに車突っ込み貴金属盗まれる 北九州

  3. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  4. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  5. 園児をトイレに閉じ込め 東京・足立の認可保育園で

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです