メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

八戸学院光星10-8智弁学園 八戸光星「18番」の一撃

【八戸学院光星-智弁学園】九回表八戸学院光星2死満塁、沢波が一塁強襲内野安打を放つ=玉城達郎撮影

 八戸学院光星が18安打10得点で打ち勝った。1点を追う八回、下山の左翼線適時二塁打で同点。九回は沢波の一塁強襲適時打で2点を勝ち越した。2番手・山田がその裏を抑えた。智弁学園は6点を追う六回、4長短打に4四死球と敵失を絡めて7点を奪って試合をひっくり返したが、3番手の1年生左腕・西村がつかまった。

 <八戸学院光星10-8智弁学園>

 大量6点リードを六回にひっくり返され、楽勝ムードは一変した。そんな八戸学院光星の苦しい展開を打開したのは、途中出場の守備固めの選手だった。

この記事は有料記事です。

残り429文字(全文666文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トルコ沖地震死者20人に ギリシャ・サモス島でも2人死亡 救助活動続く

  2. ORICON NEWS 金田朋子「娘が笑えば何でもよい」子育て動画が88万再生 ポジティブを"貫く"子育て論

  3. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  4. ORICON NEWS Kis-My-Ft2&SixTONES『チャリティ・ミュージックソン』メインパーソナリティに就任 ジャニーズ2組は史上初

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 気に入らない生徒を廊下に立たせる先生でよいか 作家・あさのあつこさん

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです