メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

履正社7-3津田学園 履正社、つながる強打

【津田学園-履正社】三回裏履正社2死二、三塁、野上が2点三塁打を放つ=久保玲撮影

第8日(13日・阪神甲子園球場)

 履正社が序盤に大量点を奪い、打ち勝った。二回に清水の左前適時打で先制し、三回は野上の右越え2点三塁打や桃谷の左中間2点二塁打など5長短打で5点を加えた。先発・清水は球威のある直球を軸に3失点完投。津田学園は中盤以降に小林の右前適時打などで3点を返したが、先発・前は直球の伸びを欠き、集中打を浴びた。

この記事は有料記事です。

残り1094文字(全文1260文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  2. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  3. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  4. 横浜F・マリノスが15年ぶりJ1制覇 FC東京降す

  5. キャベツを食べるウニ 大きくて、おいしくなった 神奈川県水産技術センターで展示

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです