メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
第101回全国高校野球

スラッガー兄弟奮闘 津田学園・夏輝、智弁学園・右京

 津市で育った「スラッガー兄弟」が、この夏、別々の高校で、いずれも4番打者として甲子園に出場した。兄で津田学園(三重)の前川夏輝選手(3年)と弟で智弁学園(奈良)の右京選手(1年)。毎日連絡を取り合う仲で「対戦するまで負けるなよ」とエールを送り合った2人。弟は12日の2回戦で敗退。兄は弟の悔しさを受け止め、13日の2回戦で履正社(大阪)戦に臨んだが敗れ、兄弟対決はかなわなかった。【小宅洋介、朝比奈由佳、柴山雄太】

 弟の右京選手は「スーパー1年生」と呼ばれ、今大会注目の選手の一人。後を追って津田学園に行くことも考…

この記事は有料記事です。

残り467文字(全文725文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. ことば 軍事情報包括保護協定(GSOMIA)

  4. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  5. 米政府、異例の「失望」声明 韓国GSOMIA破棄に改善促す

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです