メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

2回戦で鳴門と対戦 仙台育英・須江監督が予想する試合展開は「5点差以内の勝負」

鳴門(徳島)との2回戦に向けて、意気込みを語る仙台育英の須江航監督=東大阪大柏原高グラウンドで、平家勇大撮影

 第101回全国高校野球選手権大会は第9日の14日、午前8時からの第1試合で、仙台育英(宮城)と鳴門(徳島)が2回戦で対戦する。甲子園常連の強豪校・鳴門との一戦に臨む仙台育英の須江航監督に相手校の印象や意気込みを聞いた。【平家勇大】

 ――相手校の印象は

 須江監督 西野(知輝)投手は、的を絞りづらく、どんな球種でもストライクを取れる、非常に良い投手。攻撃では4番の浦(和博)選手の長打力が高く、その前に走者を出さないようにしたい。

 ――自チームの鍵となる選手は誰か

 須江監督 特定の選手はいないが、投手がしっかり試合を作れるかどうか。1回戦のような大量得点は難しいので、終盤まで僅差で戦える継投の仕方をしたい。

 ――チームの状況はどうか

 須江監督 初戦に勝って浮かれることなく、緩むこともなく良い雰囲気。大きなケガや体調不良はなく、気持ちも技術的にも上を向いている。

 ――理想の試合展開は

 須江監督 粘り強く守ることをポイントにしたい。大きなスコアにはならず、5点差以内の勝負になると思う。

 ――試合への意気込みを

 須江監督 一つ一つ丁寧に戦う。先は見据えず、まず一つしっかり勝ちきることに集中したい。

広告
毎日新聞のアカウント

8月22日の試合

話題の記事

関連サイト