メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仙台育英、鮮やか先制攻撃 ナインの合い言葉は「ファーストストライクを積極的に」

【仙台育英-鳴門】一回表仙台育英2死、小濃が右中間に本塁打を放ち拳を突き上げる=阪神甲子園球場で2019年8月14日、森園道子撮影

○仙台育英8―5鳴門●=14日・甲子園(第101回全国高校野球選手権大会・2回戦)

 仙台育英の鮮やかな先制攻撃だった。中里、宮本の連打から入江の三ゴロ併殺打の間に1点先取。わずか5球で先制すると、続く小濃が右中間ソロ本塁打。さらに千葉、大栄、猪股の3連続長短打で2点を追加し、この回4点を奪った。

 この先制劇の陰にあったのは、鳴門の先発左腕・西野対策だ。球をじっくり見ていくと相手を…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文479文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  2. 女の気持ち いじめ 東京都町田市・匿名希望(団体役員・66歳)

  3. 桜を見る会 官僚「のらりくらり答弁」の背後に何があるのか

  4. 注目裁判・話題の会見 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

  5. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです