メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仙台育英の4番・小濃、宣言通り「甲子園でホームラン」 一振りで試合の流れ決める

【仙台育英-鳴門】一回表仙台育英2死、小濃が右中間に本塁打を放つ=阪神甲子園球場で2019年8月14日、森園道子撮影

○仙台育英(宮城)8-5鳴門(徳島)●=14日・甲子園(第101回全国高校野球選手権大会・2回戦)

 仙台育英の4番・小濃が試合の流れを決める右中間ソロを放った。一回、入江の三ゴロ併殺打の間に1点先取した直後の2死走者なしの場面で、「ファーストストライクを見逃さず」というチーム内の約束事通り、1ボール…

この記事は有料記事です。

残り130文字(全文280文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. 「車が水没してる」110番 男女3人死亡、80代母と50代子ども2人か 広島

  3. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  4. 「救急車もう限界」 適正利用呼びかけ 「酒飲んで運転できない」で通報も 福岡・飯塚地区消防本部

  5. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです