メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱戦を終えて~監督・主将コメント

仙台育英に肉薄した四回裏 鳴門・森脇監督がナインに掛けたある言葉

【仙台育英-鳴門】四回裏鳴門無死一、二塁、浦の中前打で車谷が生還(捕手・猪股)=阪神甲子園球場で2019年8月14日、山田尚弘撮影

 第101回全国高校野球選手権大会は大会第9日の14日、第1試合で仙台育英(宮城)が8-5で鳴門(徳島)を降した。鳴門の森脇稔監督は、「0―6から追い上げたのには価値がある。優勝候補に近い力を持つ相手に、互角とまではいかないが粘った野球ができた」と選手をたたえた。森脇監督の主な談話は次の通り。【栗栖由喜】

この記事は有料記事です。

残り440文字(全文593文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サンマが黄色く変色…「メインおかず」抜きの給食に 草津の小学校

  2. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  3. 中村哲さん合同葬「父から学んだことは、思いを大切にすること…」 長男健さんコメント全文

  4. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

  5. 熱血!与良政談 逃げ切らせないために=与良正男

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです