メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱戦を終えて~監督・主将コメント

振りの強さと堅い守備 鳴門・塩唐松主将が感じた仙台育英の「隙ない伝統校らしさ」

【仙台育英-鳴門】四回裏鳴門1死二、三塁、原田が右中間に2点二塁打を放つ=阪神甲子園球場で2019年8月14日、森園道子撮影

 第101回全国高校野球選手権大会は大会第9日の14日、第1試合で仙台育英(宮城)が8-5で鳴門(徳島)を降した。鳴門の塩唐松宏将主将は、「6点ビハインドからビッグイニングをつくり、鳴門らしい粘り強い戦いを見せられた」と語った。塩唐松主将の主な談話は次の通り。【栗栖由喜】

「僕たちはチャレンジャー」

 甲子園という大舞台で野球ができたことを本当にうれしく思う。6点ビハインドからビッグイニングをつくり、鳴門らしい粘り強い戦いを見せられた。負けているところ…

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文566文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです