メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

投打での活躍誓う仙台育英の背番号1 「マウンドでの笑顔」見せたい相手は須江監督

【仙台育英-鳴門】リリーフ登板した仙台育英の大栄=阪神甲子園球場で2019年8月14日、久保玲撮影

 ○仙台育英8-5鳴門●=14日・甲子園(第101回全国高校野球選手権大会・2回戦)

仙台育英3年 大栄陽斗三塁手兼投手

 3安打の打球方向は右、左、中。七回1死三塁では直球を引きつけて中堅左へはじき返し、リードを3点に広げた。「変化球は右中間、直球は左中間という理想の打撃ができた」と自賛した。

 三塁手で先発出場し、救援でマウンドに立つことが多い。両方こなすため、準備を大切に…

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文469文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  2. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  3. “下町リチウムイオン電池” 「おもろそうや」と無名時代の吉野さん支えた製作所

  4. 被告、声を詰まらせ謝罪 遺族は厳しい視線 「全く伝わらなかった」 大津園児死傷事故・被告人質問

  5. 「怒りどこにやったら…」被害者遺族が陳述 大津園児死傷事故、被告に禁錮5年6月求刑

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです