メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

鶴岡東が逃げ切る 丸山が2打席連続ソロ 習志野は投手陣が打ち込まれる

【鶴岡東-習志野】二回表鶴岡東2死一、二塁、影山の二塁打で、森に続いて山路も生還=阪神甲子園球場で2019年8月14日、山田尚弘撮影

○鶴岡東9-5習志野●=14日・阪神甲子園球場(第101回全国高校野球選手権大会・2回戦)

 鶴岡東が集中打と一発攻勢を見せ、逃げ切った。二回に山路の先制右前適時打など6長短打を集めて5点先取。八回以降には丸山の2打席連続ソロなどで4点を加えた。影山―池田の継投で相手の反撃をかわした。

 習志野は中盤以降に追い上げたが、先発・山内が打ち込まれて二回途中で降板し、救援した飯塚も終盤に球が浮いた。

 鶴岡東・佐藤俊監督 丸山は振れていたが、(本塁打を)2本打つとは。うれしい誤算。影山は時々(球が)ばらついたが、修正しながら投げてくれた。

 習志野・小林徹監督 山内は長いイニングを投げさせたかった。相手打線は狙い球を絞り、ミスが少なかった。うちは力んで早打ち。淡泊な攻撃だった。

広告
毎日新聞のアカウント

8月22日の試合

話題の記事

関連サイト