メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱戦を終えて~監督・主将コメント

センバツ準Vの習志野破った鶴岡東 佐藤監督は丸山の2連続弾に「うれしい誤算」

【鶴岡東-習志野】九回表鶴岡東2死、丸山が2打席連続の本塁打を放つ=阪神甲子園球場で2019年8月14日、山田尚弘撮影

 第101回全国高校野球選手権大会は大会第9日の14日、第2試合で鶴岡東(山形)が9-5で今春センバツ準優勝の習志野(千葉)を降した。鶴岡東の佐藤俊監督は、「二回は打線がうまくつながった。選手各自に甘い球を積極的にという指示をしていた」と話した。佐藤監督の主な談話は次の通り。【石井尚】

予想以上に点が入った

 緊張している選手もいたかもしれないが、落ち…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文439文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  2. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  3. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  4. 秋元衆院議員、元秘書周辺を捜索 任意で事情聴く 東京地検

  5. 公明・山口代表、升酒乾杯で「迷惑かけた」 桜を見る会めぐり陳謝

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです