メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

習志野、ロングリリーフのエース飯塚が終盤に失点「3巡目に合わせられた」

【鶴岡東-習志野】九回表鶴岡東2死、丸山(奥)に2打席連続本塁打を打たれ、ぼう然とする習志野の飯塚=阪神甲子園球場で2019年8月14日、山田尚弘撮影

○鶴岡東9-5習志野●=14日・阪神甲子園球場(第101回全国高校野球選手権大会・2回戦)

 習志野は二回途中で救援したエース右腕・飯塚が八回につかまった。先頭の5番・丸山に高めの直球を左越えソロとされると、2死後にも3連打を許してこの回3点を失った。直球を見せ球に変化球で勝負する配球で無失点に抑えていたが、「3巡目に入って合わせられた」と振り返る。

 厳しいコースを突く意識が力みにつながり、勝負球が浮いた。今春センバツでは全5試合で救援して準優勝に貢献したが、この日は味方が2点差に迫った直後に失点して「試合の流れを持ってこられず、申し訳ない」と目に涙をためた。 

広告
毎日新聞のアカウント

8月22日の試合

話題の記事

関連サイト