メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

鶴岡東、さらなる高みへ 強気貫いた左腕・影山 "逆転の習志野"の反撃はね返す

【鶴岡東-習志野】鶴岡東先発の影山=阪神甲子園球場で2019年8月14日、山田尚弘撮影

○鶴岡東9-5習志野●=14日・甲子園(第101回全国高校野球選手権大会・2回戦)

 習志野打線の圧力を感じながらも、鶴岡東の先発左腕・影山は強気で投げた。走者を度々背負うものの連打や大量点を許さず、八回途中まで力投。逆転勝ちの得意なセンバツ準優勝校をはね返した。

 二回に自身の右越え2点適時二塁打も絡めて5点を先行したが、習志野の反撃の怖さは百も承知。「気を抜いたら相手の流れになる」と集中した。186センチの長身から投げ下ろす直球が持ち味だが、この日は捕手・大井のスライダーを駆使したリードにも導かれ、打者のタイミングを外しながら粘った。

 3点リードの六回、先頭の4番・桜井を左前打で出したが、「とにかく腕を振ろう」と腹をくくり、四回に適時二塁打を放った高橋を初球の直球で二ゴロ併殺。七回1死満塁のピンチでも「抑えられると思った」と表情を変えず、強気を貫く。一塁手の森がマウンドに激励へ来ようとするのを制し、犠飛での最少失点にとどめた。球場を揺るがすような習志野応援団の大音量も「交代してベンチに戻ってから初めて気づいた」といい、自分のペースを崩さなかった。

 夏の甲子園で鶴岡東は過去5回の出場で1勝だけで、1大会2勝は春を含めて初。影山は「センバツ準優勝校に勝てた。自信になる」と誇らしげだ。救援した左腕・池田を含め、山形大会で登板した6人の投手がしのぎを削るチームは、総力戦でさらなる高みを目指す。【石井朗生】

広告
毎日新聞のアカウント

8月18日の試合

話題の記事

関連サイト