メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

関東一が逃げ切り3回戦へ駒 五回に4点挙げ勝ち越し 熊本工は要所で守備が乱れる

【熊本工-関東一】五回裏関東一1死三塁、野口が左前適時打を放つ=阪神甲子園球場で2019年8月14日、山田尚弘撮影

○関東一6-5熊本工●=14日・阪神甲子園球場(第101回全国高校野球選手権大会・2回戦)

 関東一が足を絡めた攻撃や敵失に乗じて得点し、逃げ切った。同点の五回1死三塁から野口の左前適時打で勝ち越し。さらに2死一塁から渋谷が二盗を決め、重政の左前適時打で生還するなど、この回4点を挙げた。

 熊本工は七回に山口の左前2点適時打などで追い上げたが、4失策2暴投と要所で守りが乱れたのが痛かった。

 関東一・米沢貴光監督 守備でよく我慢した。継投も考えたが、ブルペンの谷の調子も見て土屋で行くと決めた。七回に1点取り返せたのが大きかった。

 熊本工・田島圭介監督 4失策が全部失点に絡んだことが全て。一回に大久保君に二盗、三盗を続けて決められ、守備陣が浮足立ってしまった。

広告
毎日新聞のアカウント

8月18日の試合

話題の記事

関連サイト