メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
熱戦を終えて~監督・主将コメント

「山内も飯塚も打たれた球は説明がつく」習志野・小林監督が感じた鶴岡東との差

【鶴岡東-習志野】八回表鶴岡東無死、丸山(右)に左越え本塁打を打たれ、打球の行方を見る習志野の飯塚=阪神甲子園球場で2019年8月14日、森園道子撮影

 第101回全国高校野球選手権大会は大会第9日の14日、第2試合で鶴岡東(山形)が9-5で習志野(千葉)を降した。習志野の小林徹監督は、「うちの配球は読まれていた。完璧にやられてしまった。先取点は痛かった」と敗因を語った。小林監督の主な談話は次の通り。【堀菜菜子】

山内も飯塚も打たれた球は説明がつく

 相手の打者はきちんと狙い球を絞って、打ち損じがなかった。うちの配球は読まれていた。完璧にやられてしまった。先取点は痛かった。相手の野球が攻守ともに上回っていた。

 (先発の)山内も(2番手の)飯塚も打たれた球は説明がつく。140キロを超える球をきちんと狙って捉えられる鶴岡東の打力と、うちは狙った球が来ているのに力んでしまったところの差。

 狙い球がコーナーにコントロールされていて、早打ちになり、力んでしまっていた。ヒットになっていれば、リズムにのれたが、つながらず、淡泊な攻撃になってしまった。

広告
毎日新聞のアカウント

8月22日の試合

話題の記事

関連サイト